コンテンツ

アスペルガー症候群 参考書籍

「アスペルガー症候群」「アスペルガー障害」あるいは「高機能自閉症」という言葉を最近、よく耳にするようになりましたが、はたしてそれらがどのようなものなのか、またこれらの間にどういった違いがあるのかについて、正確に理解している人はおそらく少ないのではないかと思います。

まずは現在の日本において参考となる書籍を紹介します。
1.アスペルガー症候群と高機能自閉症に関する全般的な参考書
●『アスペルガー症候群と高機能自閉症』星和書店2004
●『ガイドブック・アスペルガー症候群・・・親と専門家のために』東京書籍1999
●『自閉症とアスペルガー症候群』東京書籍1996

2.養育、家族のための参考書
●『自閉症児の「きょうだい」のために』ナカニシヤ出版2003
●『高機能自閉症・アスペルガー症候群入門 正しい理解と対応のために』中央法規2002
●『高機能自閉症・アスペルガー症候群「その子らしさ」を生かす子育て』中央法規2003

3.教育の問題についての参考書
●『親と先生のための自閉症講座・・・通常の学校で勉強するために』ナカニシヤ出版2000
●『すぐに役立つ自閉症児の特別支援Q&Aマニュアル・・・通常の学級の先生方のために』東京書籍2004

4.社会技能訓練および社会的介入に関する参考書
●『自閉症の人のライフサポート TEACCHプログラムに学ぶ』福村出版2001
●『困った子どもとのかかわり方 行動分析による新しい保育・教育』川島書店2000

[参照:『アスペルガー症候群と高機能自閉症』星和書店]